2017年11月06日

つぶやき そのⅤ

その8:介護施設と医療機関
 医療保険が単独で存在した時代には医師は神様のごとくに振舞えた。
現在、介護保険が関与する部門では医療機関全体で施設と対峙しなければならない;
このためには、事務を主体に看護師は勿論リハビリ師など訪問診療に関与するすべての人の考えを
まとめておくことが基本となる。
 医療機関のあるべき理念を基本に、施設内での受診・入院など医療保険使用の基本対応
など、纏めておいて対応することが大事である。施設に変な援助はしない、CM&施設ナース、介護人さらには事務責任者まで患者さんのためにならないことは反対する姿勢で一地団結してあたらねばならない。

その9:施設の看取りに向かうには、施設ホールジングとしての24時間型の訪問看護ステーションを持つことが必要である『経済的にメリットがあるので』
施設を医療機関側から見る場合、まず経済メリットがあるかどうかを考えてあげることが大事である。施設の重要サービスであるデイケアに医療機関が介入でき貢献できるものがあるか(体力低下防止、便秘改善、意欲回復、薬剤内容・・・・・)
尚、家族との施設を含めの話し合いで看取りの話をすることは、ご法度のようである?

その10: 降圧剤で高圧利尿剤(1錠10円)、抗凝固剤でワーファリン(検査を含めて最近の薬使用より1月当り2、000円も安い)を投与することは薬剤の料金を抑え医療保険の存続に貢献する。
 医療人の仲間入りし成長してきた薬剤界は、介護施設の分野で余裕のある世界にも立ち入ってもらいたいが夢であろう。
その11:介護保険分野での医療機関のかかわりを羅列してみる:
  ●主治医意見書作成
  ●居宅情報提供所作成
  ●介護保険3施設(特養、老健&介護療養型医療施設)で医師の存在
  ●高齢者向け住まい。施設での訪問診療
  ●在宅医療での訪問看護・リハビリの管理(指示書交付)
  ×訪問マッサージは医療保険で関係なし(時々介護保険と判断ミス)

  患者(利用者)のために、担当者会議でCM、介護人、施設管理者との討論


posted by sachi at 12:01| Comment(0) | 忠Dr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

つぶやき そのⅣ

その7:施設のナースを観察してきました
世の中にナースの数は多く、種種さまざま(千差万別)です:施設で働くナースも同様です。
(施設ではナースの資格を持ちながらそれを隠して介護人として勤務しているケースも少なくありません)ナースとして介護人を指導しながら、責任ある仕事に従事することは大変です。医療機関で医師の指示で動くのとは、責任の度合いが違います。訪問看護婦との違いも施設で施設経営者・運営者と介護者との間に入り込む難しさがあります。
 施設では経営が順調なことが大事です:これを熟知する有能なナースも存在します:
手のかかる利用者は出来るだけ排除する(追い出す)これにより介護人が辞めません。 ナースは大事にされ発言力が増します。受診の回数が増えます。勿論、 看取りは大変ですので受け付けません。看取りをしたい医療機関は嫌われ、家族を介して変更されます。
評判の良い施設になるよう、看取りの導入を考慮するナースもいます:介護者の働く喜びにつながると考え一緒に指導しながら看取りに向かうナースです。利用者は満足して寿命を全うし家族は喜んで呉れます。おかげで訪問医療機関の従業員一同も満足できます。この様なナースの存在には医療機関との連携が大事です。
法律上存在が必要なため存在しているナースもいます:介護人に文句が多いようです。
posted by sachi at 14:32| Comment(0) | 忠Dr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

つぶやき そのⅢ

 その6:施設の最高年齢者の女性が大腿骨骨折で手術に成功リハビリもがんばり、自分のお気に入りの施設に帰れる日も定まり、長年診療で付き合った私どもは勿論従業員一同、その日を楽しみにしていました。尚、入居時から胃がんの存在があり、家族の希望で本人には告知されていませんでした。なぜか退院の報告があった後、腹部エコーの検査がなされ異常が見つかり他の病院へ転院となり、そこで漸次体力が低下して死亡となりました。
 寿命であったと考えたいのです:認知症がないと判断され大いにおしゃれしてやせてはいるが動きまわっていた(そのため骨折につながる?)彼女。帰りたがっていた部屋(彼女にとっては在宅)で最後を看取ってあげたかったというのがケアマネをはじめ関わりのあった皆の思いです(死亡の報告を受け取り残念がり、涙ぐむケアマネの顔)

 入院先への当科からの連絡が不十分であったと反省です:(未告知の胃がんが存在することの強調不足、何か問題あれば施設の主治医の私どもに相談していただき不要な検査を避けてもらう、一日でも早く施設に戻してもらうこと)など。

 施設での看取りについて、施設とかかわりのある医療機関は関心がない:施設のでの主治医の存在にも関心がない。
このことを理解したうえで施設を最後の棲家としたい患者さんを、入院させる場合には添書(情報提供書)にその旨を記載するように配慮したいと反省しながら、つぶやいてみました。
posted by sachi at 16:24| Comment(0) | 忠Dr | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする